飛行機に関する情報が満載!

高く高くFly!

飛行機で起こるむくみ対策

飛行機に乗ると体がむくみやすくなると言われています。
これは飛行機の高度が高くなるにつれて気圧が低下し、体が圧迫された状態になり血流が悪くなることで起こります。
このため、むくみ解消には機内ではできるだけ血流を良くするための工夫をする必要があります。
例えば履いているシューズを脱いでスリッパに履き替えることは効果があります。
特に長時間のフライトの時はリラックスする為にもスリッパに履き替えることがおすすめです。
他には、こまめにストレッチをすることも有効です。
むくみは同じ体勢を長時間取ることで起こりやすくなるので、足の指を動かしたり手首や足首を回すなどの軽いストレッチだけでも血流の流れは断然よくなるので、気が付いたときに実施したほうが良いでしょう。
もう一つ重要なことは水分を適度に補給することです。
症状が悪化するからと水分を敬遠する人がいますが、機内は乾燥しているのでむしろ適度に水分を取ることは重要と言えます。
水分を取って軽くストレッチをすることで代謝も上がり血流が良くなります。

飛行機でのむくみ対策について

飛行機でのあしのむくみは、同じ姿勢を長時間続けることであらわれます。
ファーストクラスやビジネスクラスになると、ほとんどなくなりますが、ほとんどの方がエコノミークラスに乗ることになります。
エコノミークラスは座席が狭く、自由に歩き回ることがほとんどできない環境にあるため、血流が悪くなりむくみやすくなります。
対策としては、加圧式の靴下などをはく方法があります。
血行が悪くなると、症状が悪化するので、はくだけで血流がよくなる加圧式の靴下をはくことで血流が悪くなるのを防ぎます。
また、冷えもむくみの原因となるので、温める機能がある素材を選ぶことがより効果を期待できます。
靴のしめつけも血行を悪くするので、飛行機に乗ったらスリッパに履き替えるなどして、締め付けをなくすことも効果的です。
飛行機に乗ってからは乾燥が強くなるため、水分の摂取、あしを動かしたり少し高く上げるなど、できる範囲で行うことも未然の予防につながります。

Favorite

結婚祝い プリザーブドフラワー

2017/9/13 更新

Copy Right (C) 高く高くFly! All Right Reserved