飛行機に関する情報が満載!

高く高くFly!

飛行機に乗る時の持ち物リストを作ろう

旅行の日程で飛行機に乗ることがあれば、トランク等の大きなカバンだけでなく手荷物用の小さなバッグも持って行くといいでしょう。
飛行機に搭乗する際はチェックインを終えてからカウンターで荷物を預けます。
全ての持ち物を預けてしまうと到着するまで不便ですから、手荷物用の小さなバッグに必要な物を移し替えておきましょう。
お財布や携帯電話はもちろんですが、機内で過ごす時間を無駄にしないために本を持っておくという方法もあります。
飛行時間が長いと途中で眠っても時間を持て余してしまうので、読みかけの本があると便利です。
メガネを着用している方は機内ではずせるように、メガネケースを持って行きましょう。
コンタクトレンズを着用している方は、乾燥しやすい機内で目を潤すための目薬があると助かります。
他にも耳鳴り防止用のキャンディーやちょっとした食べ物があれば充実したフライトを楽しめるでしょう。
機内にお茶やジュース等を持ち込むことはできますが、チェックが必要になります。

飛行機会社によって持ち物にも料金がかかる

仕事や旅行で飛行機を利用する人も多いのではないでしょうか。
出発地と到着地で気候が大きく異なる場合などでは、どうしても衣類等の持ち物が増えてしまいます。
また、旅行の場合は、訪問地で買ったお土産など、行きよりも帰りの方が荷物が増えがちになってしまいます。
よく、皆さんが知っているのは飛行機の機内に持ち込める荷物のサイズだと思いますが、航空会社によっては、荷物が多い場合、旅客運賃とは別に持ち物に対しても料金が発生することをご存じでしょうか。
近年では、格安の運賃で就航する航空会社が増えてきました。
低料金の理由は、機内サービス等を有料化することで、利用客にそのサービスがいるかいらないか判断してもらっていることになります。
これは、荷物に対しても同様の考え方であり、少ない荷物なら荷物を載せることに対しての費用はかかりませんが、大量の荷物を載せる場合、それに対する費用が発生する場合もあります。
これは、航空会社各社の考え方によりますが、運賃が安いからといって、それ以上の費用が発生しないとは限らないので、覚えておくとよいでしょう。

check

最終更新日:2017/4/13

Copy Right (C) 高く高くFly! All Right Reserved