飛行機に関する情報が満載!

高く高くFly!

飛行機でのマナーについて

旅行やビジネスの移動手段としての飛行機も当たり前の時代です。
海外に行くなど長時間のフライトもあり、飛行機の閉鎖された空間でのマナーが大事になってきます。
他の乗り物でもいえることですが、基本的に静かにすることです。
大声でしゃべったり、くしゃみなどもなるべく抑えるよう心がけましょう。
子供なども一緒の時は、なるべく子供が騒がないよう注意が必要です。
離陸時のシートベルトを着用し席をむやみに立ったりしないことも、当たり前ですが重要です。
飛行機が揺れた場合、自分だけでなく他の乗客にも怪我をさせてしまう危険があるのでやめましょう。
電子機器の電源は切っておきましょう。
飛行機の電子機器に障害を与える可能性があるので、特に離着陸時には注意しましょう。
手荷物も座席の上の棚に収納するので、できるだけコンパクトにして最小限の荷物だけにしましょう。
最後に、マナーが悪い乗客がいた場合には、CAを呼んで注意してもらうようにしてください。

飛行機のマナーをしっかりマスターしよう

旅行や出張などで飛行機に乗る際、知っておかなければならないマナーについてご説明します。
頻繁に飛行機を利用する人ならまだしも、めったに乗ることがない人は、いざという時に恥をかかないようにしっかりマナーを確認しておきましょう。
まず、搭乗口では順番に並びましょう。
座席は指定されているため、後ろの方に並んでいても座ることが出来ます。
また、機内では出来るだけ早く自分の座席に座りましょう。
もし、自分の座席が分からない場合は、速やかに乗務員に聞きましょう。
また、飛行機の離着陸時はシートベルトを必ず着用し、席を立たないようにしましょう。
安全に運行するためには、乗客の協力も不可欠です。
また、携帯電話やスマートフォンなどの電子機器は必ず電源を切りましょう。
電子機器から発せられる電波が、運行システムに障害を起こす可能性があるためです。
そして、意外と忘れがちなのが「荷物」の扱いです。
機内に持ち込む荷物は極力少なくし、他の人が使うスペースを占領しないようにしましょう。
ちなみに、エコノミークラスの場合は手荷物は2つまで、総重量も10キロ以内と制限されています。
大きさについては、飛行機によって異なります。

pickup

Last update:2017/4/13

Copy Right (C) 高く高くFly! All Right Reserved